坐骨神経痛の予防方法

坐骨神経痛は、自分で未然に防げますし、症状を解消することも自力でできます。

 

痛みを引き起こすような症状が出る前に、
坐骨神経痛の予防を行いながら生活することが欠かせません。

 

そのような対策には、背中やお尻の筋肉、骨盤周辺、
腹筋周辺の筋肉を鍛えるための運動をする必要があります。

 

仰向けに寝た状態でひざを曲げ、
両手を伸ばしたままでおへそを見るようにして腰から上を起こしていきます。

 

胸の前で腕を交差状にして上体を起き上がらせたり、
頭の後ろらへんに手を添えた状態で上体を起こします。

 

同じような運動で、左と右にひねりを足せば、お腹の横の筋肉も鍛えることができます。
背中の筋肉をトレーニングするには、うつぶせの姿勢から上半身を起こします。

 

おしりの筋肉を強化するには、うつぶせになった状態から足を持ち上げていくようにしますが、
このとき近くにいる人に上から押さえてもらうようにします。

 

横に向いて寝て上にある足を上げる運動を実践する際も、
太腿をそばにいる人が押さえるなどの負荷をつけてもらいつつ運動しましょう。

 

いすに腰掛けてひざを上げる運動や、
膝下部分を上げていくトレーニングに関しても同じく負荷をかけていきます。

 

脚を上げ下げする運動に関しては、腸骨筋や大腰筋、
これら以外には大腿部の筋肉や脊柱起立筋などを強くさせることができます。
こういった運動をやめないことにより、身体の歪みがとれ、背骨や腰骨を守っていくことができるのです。

 

この他、骨盤や腰のあたりの筋肉が柔らかくなると、坐骨神経痛が起こりにくい身体になります。
防止対策としてのトレーニングは、適度の強度で行わなければならず、
余分に強度を高めないように気をつけなければいけません。