坐骨神経痛の治療方法

坐骨神経痛という病気は、間違いのない診断と治療を開始することにより、
簡単に良くなることが可能です。

 

坐骨神経痛が考えられる症状はいろいろありますが、
少しでも疑わしい場合は素人判断をせずに、専門医にチェックしてもらいましょう。

 

同様の症状がある危ない病気になっていることがありますので、自己判断は危険です。

 

坐骨神経痛は、症状が見られてからどの程度時間が経過しているかで慢性期か急性期かを見極め、
これに沿って治療方法が確定されます。

 

発症後48時間以内のタイミングで、炎症が見られるのであれば急性期だと判断されます。
急性期であれば、炎症を抑制するためにアイシングが必須となり、
炎症が引き起こされている部分を冷やした状態で休ませます。

 

腰痛を感じると腰を温める人が多いのですが、
炎症箇所を温めるのは症状の悪化を招くので、用心しましょう。

 

急性期に関しては痛みが出てこないので、
日常生活で同じ姿勢を続けないように気をつけたり、腰をひねったりしないように気を遣います。

 

48時間以上過ぎて、炎症が鎮まってくる時期を慢性期と呼んで、
この段階では血行を良好な状態にする治療を施します。

 

電気治療といった超音波を使用した治療が施されますし、
ホットパックを駆使した温熱療法が選ばれます。

 

神経根ブロック注射によって治療することもありますし、
牽引治療が実施されることも少なくありません。

 

ヘルニアなどから発生する坐骨神経痛では、手術が必要になることもあります。

 

症状が生じていないときは、腰のあたりの筋肉を鍛錬するための運動を行うことが、
新たな症状に悩まされないための対策になります。