坐骨神経痛かどうかの判断基準

坐骨神経痛は、症状がいろいろあるため、
自分自身がそうなのか断言するのは困難だとされています。

 

坐骨神経痛の可能性がある症状は様々ですので、
判断基準と比較して自分がなっているのかを見ていきましょう。

 

一見すると坐骨神経痛とは関係がないと考えられる項目も見られますが、
神経が下半身全体に伸びているので以下の症状が起こるのです。

 

・お尻から足に痛みが伴う
・背中の辺りに痛みを感じる
・腰の痛みが治まらなかったことがある
・便秘になっているといったことはないですか。

 

これらは日常生活の中で頻繁にあることですが、該当する場合は坐骨神経性発症の恐れがあります。

 

また、ある動きをした場合に痛みが引き起こされることがありますが、このことも確かめるべき項目に入ります。

 

重みのあるものを運んだときに、おしりに痛みが出たといったことはありませんか。
長い時間立ちっぱなしや座りっぱなしの状態だと腰に痛みが生じたり、
長い時間歩いてから腰や背中に痛みがあらわれたことはないでしょうか。
眠っている際に腰や背中の痛みが気になり、違う姿勢にしたことはないでしょうか。
それ以外に、朝起きたときに背中や腰に痛みが走ることはないでしょうか。

 

咳やくしゃみをしたときに、腰や背中に痛みが走ったり、
疲れが溜まる頃になると足に激痛が起こったりしないでしょうか。
このチェック項目を調べると、坐骨神経痛で発生する症状は、
どのような人でも記憶がある痛みや不快感であることが分かります。

 

ずっと不快感が治まらないのに、専門医に相談してこなかったという人は、
まず診察を受ける必要があるでしょう。