坐骨神経痛の症状

坐骨神経痛というのは、椎間板ヘルニアやぎっくり腰と違わず、
治療が必要な症状です。

 

坐骨神経痛の症状は広範囲に出るので、それぞれの場所でいろいろな症状が発症します。

 

腰やおしりのところに伴う痛みが有名な症状とされていますが、
足先や太腿、足などに痛みや痺れがあらわれるケースも少なくありません。

 

痛みは1日中継続するのではなく、身体を動作させることにより痛みが起こり、
痛みを発生させる動作は人によって違っています。

 

限られた姿勢をとると痛みが生じる場合もありますし、
痛みに加えて痺れの症状も出てくるケースもあります。

 

重症化すると、痛みがひどくて歩くことが辛くなりますし、
足に力を入れづらくなり歩くことすら厳しくなることもあります。

 

坐骨神経痛というのは、
身体の歪みなどが引き金となり限られた筋肉に余分な力が及んでしまうことが原因と言われています。

 

このため、足の筋肉の状態を確かめると、左右で筋肉の大きさが違っていることがあります。
このような筋肉のつき具合の異なりも坐骨神経痛で出てくる症状の一種だと理解されています。

 

坐骨神経痛の特性としては、痛み以外にも痺れも見られますが、他にも確認されている症状があります。
ほてりなどの熱を伴うこともありますし、一方で冷え性のように冷え切った感じになることもあります。
筋肉痛のときのように、足が引きつる感覚を覚える場合もあるので、
症状が治まらない場合は、専門家に対処してもらうことが大切でしょう。

 

坐骨神経痛は片側に症状が引き起こされるのが普通ですが、
両方共に症状が発生しているようであれば早く相談して的確な治療に取り組みましょう。