坐骨神経痛とは?

座骨神経痛というのは、坐骨神経が圧迫されることにより痛みが引き起こされる状態を言い、
一般的には太もものうしろからおしりにかけて痛みを感じます。

 

座骨神経というのはおしりから足先にかけて伸びなくてはならない神経ですが、
かなりの長さになっているため痛みを感じる範囲が広いのが問題です。

 

症状が重度になると、足の先のほうまで痺れが出てくることもありますし、
指の先まで痺れが生じることもあるのです。

 

天候が変わることで、症状のあらわれ方が変わり、
体調が優れないことが続いてしまいます。

 

椎間板ヘルニアやぎっくり腰に現れるように、突然きつい痛みが生じるということはないのですが、
そのことで治療の開始が遅くなることもあるようです。

 

我慢できないほどではないので、わざわざ病院にまで行って治療を受けなくても良いと
認識している人も多数いるのです。

 

痺れや痛みなどの症状も、特定の動作によって見られることがほとんどなので、
この動きにならないように生活を送ることで治療を行わない人もいるのです。

 

坐骨神経痛の治療に着手しない生活を続けることで、
症状が深刻化してしまうケースもあります。

 

坐骨神経痛というものは、同じ姿勢を長い時間続けてしまうことが理由で認められやすくなる症状で、
年齢を重ねることで見られるものではありません。
股関節や骨盤などに歪みといった異常が起こると、
筋肉に必要以上の力が入り、筋肉の腫れが見られるようになります。

 

腫れてしまった筋肉は、坐骨神経を刺激してしまい、痛みが生じます。
溜まった痛みや歪みが原因で坐骨神経痛というのは出てくるのですが、症状は突然出てくるのです。
発症までに要する時間は人によって異なりますが、誰でもなる可能性があると認識して、
日常生活において正しい姿勢でいるように心がけましょう。