野菜スープダイエットのデメリット

MENU

野菜スープダイエットのデメリット

野菜スープダイエットはダイエットだけでなく、健康にもなる理想的なダイエット方法です。
でも残念ながらやはり少しデメリットもあります。
ひとつめは野菜スープダイエットは基本的に味が薄く作らなければなりません。

 

いつも濃い味になれている私たちにとって、薄味のものを食べ続けるというのはやはりあまり嬉しいものではありません。
ただし、このデメリットもカレー粉を混ぜたり、しょうゆ味にするあるいは味噌味にするというようにスープの味に変化をつけることで解消できます。

 

2つめは長期間に渡って野菜スープダイエットをすると栄養が偏るということです。
野菜スープダイエットでは基本的に野菜スープダイエットを食べます。
ということは栄養素がかたよるのは仕方がないことです。
ですから野菜スープダイエットは5日間、あるいは1週間を目安にします。
1週間ぐらいなら栄養が少し偏ったとしても大丈夫です。それからデメリットではないのですが、野菜スープダイエットに向いていない人もいます。

 

妊婦さんは妊娠中にダイエットをしてはいけないからです。産後にしましょう。また、持病があって医師から食事制限を受けている人、薬を処方されている人も無理は禁物です。
病気の治癒が優先事項です。もしどうしても野菜スープダイエットをしたい場合にはレシピとやり方をかかりつけの医師に見せて判断を仰いでください。